この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

科研費(基盤研究(C)「動きの錯視の公共空間への活用とその表現効果の検証」/2008年〜2010年

【研究概要および研究成果】


 眼球運動に伴う二次元上での動きの錯視の研究は視覚心理学の研究分野で進められているが、三次元上での動きの錯視の錯視の研究の理論的研究は難しい。またビジュアルコミュニケーションの表現手法として動きの錯視の表現効果を遠距離サインやストリートアートなど公共空間へ活用した事例はない。

Study