この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

天草市牛深地区地域資源∞全国展開プロジェクト事業(全国展開の予備段階として熊本市で開催する牛深物産展向けの新商品の開発およびパッケージによるブランド戦略を崇城大学デザイン学科有志学生とともに約半年間をかけて進めていった。

まず、消費者の立場からのアイディア商品の模索、意匠登録等の検証と商品名の決定後、物産展向けのパッケージの商品化を行い、製品化に向けて制作したパッケージ5種類、8商品(「天草鯛茶漬け」「天草鯛釜飯」「薫製カマボコ」「鯖節」「きびなごスナック」「アンチョビーソース」)を物産展で展示、販売した。

○ 牛深商工会議所、経営コンサルタントの高松博志氏、デザイン学科学生4人による共同プロジェクト、物産展会期:2009年11月7日〜11月8日

パッケージ総合

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

熊本農畜産物統一ブランドマークの策定に向けJA熊本経済連による熊本ブランドの立ち上げと販促グッズのアートディレクション: 約3ヶ月をかけたブランド化に向けた協議と販売促進グッズを想定したロゴマークの選考およびダンボール、紙袋、Tシャツ等のデザインの指示と監修をおこなった。現在、3年後の検証を経てCI計画の見直しをおこなっている。なお、採択されたブランドマークは佐藤幸雄氏(グラフィックデザイナー)がデザイン。
○熊本経済連との共同プロジェクト
 2008年10月〜現在

JA

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

舞台裏の空間演出として、「猪鹿蝶」をモチーフに反射光を利用した和のイメージの屏風的光の舞台を制作(横幅3.5m×高さ2.1m)。舞台の周りの空間演出として竹灯籠とブラックライトによる空間演出をおこなった。
○熊本市およびみずあかり実行委員と崇城大学との共同プロジェクト
会場:熊本市民ホール前広場/会期:2005年10月28日、29日

水明かり

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

写真右中央:左右の袖(高さ6m×幅2m)
写真左下:学生6人によるライブペイント(長さ8m )
写真右下:ロビー(幅8m×奥行き2m)の空間演出(動く水玉のイメージを6体のオブジェで表現)
写真右上:ホワイエ(高さ4m×奥行き30m)の空間演出
写真左上:中庭の空間演出(水中に沈む神殿/ドリス式神殿の立体表現)
○本渡市と崇城大学との共同プロジェクト
会場:天草市民ホール、会期:2005年5月4日〜5月8日

天草3

Art-Works