2018/01/20(土) 16:53

1017CAF・N展とツインブラザーズによる鏡映イリュージョン効果の実践

このアイテムを評価
(0 件の投票)
11月の忙しさも峠を越しました。
幾つかの活動報告をします。

1017CAF・N展とツインブラザーズによる鏡映イリュージョン効果の実践。
フィンランドから私の双子の弟が海外ゲスト作家として参加。私よりも早く到着した弟と会った私の友人の多くが私と間違えて声をかけた。特に私であると疑わないCAF・N会長の本田先生の反応が何とも面白かった。私自身の作品が錯視効果を特徴としており、作品と人間イリュージョン効果のダブルインパクトは極めて大きかったようだ。写真はそれぞれの作品の前でアーティストトークをしている模様と懇親会の席での挨拶場面、女流画家。
この記事は 551 回読まれました
このカテゴリをもっと見る « CAF・N展のお知らせ 抽象的な構図の魅力 »