今日の教養講座は作曲家でピアニストの佐藤允彦さん。昨日の懇親会も含め素晴らしいひとときを楽しませていただきました。今日の講演ではコミュニケーションツールとしての音楽でしたが、様々な民族音楽とユーモアたっぷりなお話、最後は上杉亜希子さんを交え、私の大好きな「枯葉」と「恋人よ」(枯葉散る‥‥)を演奏してもらいました。昨日の2次会会場(スイング)でも演奏されたりと幸せな時間でした(指の痛みを除けば最高)。いくつか写真を掲載します。1枚目は2次会会場でのゲスト出演とその会場で。そして今日の講演会場にて。学生たちも喜んでいただきました。20日には宇土市民会館(5時半開場)でのコンサートがあります。是非いらして下さい。
腱鞘炎(ばね指)の手術後の出張が悪かったのか、炎症を起こして指がパンパンに腫れ上がってしまいました。今日は点滴打ったのですが、痛くていたくてたまりません。夕方からジャズピアニストの佐藤允彦氏の懇親会があり、美味しい酒を飲む予定だったのにドクターストップ。目の前のうまい酒が飲めない‥‥‥残念です。
2016/11/04(金) 16:13

CAFN展のご案内

展覧会のご案内をします。11月9日から20日まで北浦和の埼玉県立近代美術館でCAFN展が開催されます。私は11月12日(土)の午後に会場にいます。アーティストトークが14:30から始まります。司会を担当します。お時間があるある方は是非見に来て下さい。お会い出来ることを楽しみにしています。ちなみにチラシの裏面右の写真に昨年出品した私の作品が掲載されています。
2016/11/04(金) 14:53

10月1日ハンナ来日

10月1日ハンナ来日、そして熊本で再会。ハンナはフィンランドでの展覧会を終えアアルト設計事務所見学の案内をしてくれた人である。讃岐うどんを食べ阿蘇に向かう。震災後はじめての阿蘇であったが、素晴らしい景観で出迎えてくれた。雄大な自然と夕焼けの美しい雲の間をパラグライダーが飛ぶ。山のないフィンランド在住のハンナにとって感慨深い日となったようだ。偶然にもハンナが旅の途中(高千穂)で出会った若者二人とも再会。旅の出逢いは何事にも代えがたい。
2016/09/06(火) 17:47

明日から秋田で学会

明日から秋田で学会。発表用資料を作成していた時に震度5弱の地震。あの時と同じ感覚がよみがえる。恐怖感が!嫌な揺れだった。
熊本もようやく秋の空気になってきました?また夏が盛り返してくるとは思いますが、37度の夏は早く去って欲しいものです。先日、呼子の近くの波戸岬に行った時の夕焼けの写真です。
講演終了後、講習会場周辺の林を散歩。美しい夕焼けが湖畔に映る。さっそくボートを出し湖の真ん中に繰り出していった。何とも美しいフィンランドのサンセット。何枚もシャッターを切った。達夫のフルートの音色が夕焼けとともに湖に広がった。
カルクでの夏期講習会に参加して3日目。ラジオ体操で始まり、夕方4時から3人目の勝野さんの講演が始まった。講演内容は40分時間限定の中での立体塑造表現と達夫の油彩表現の実演を同時進行で行うパフォーマンス。観客の集中する視線が印象的だった。
2016/07/21(木) 10:42

7月13日

7月13日。展示撤去3日目。大型作品等の梱包の目処も立った。午後から館長の案内で地元作家の現代アート展とアアルト設計の建造物を見学した。美術館関係者との別れの懇親会も感慨深いものがあった。館長からのメッセージに歴史に残る展覧会と感謝された。4ヶ月間、ヘンリ、サツ、サンナ、タイナ、他スタッフの皆様、本当にありがとうございました。展示撤去後、カルク(夏期講習会場)に移動し、慌ただしい中、講演を行った。私の講演に続き7月14日には阿部富士子が行われた。今日は勝野さんの講演。長期にわたって展開した日本文化の発信が今後につながることを期待したい。
搬出作業開始。晴天の白夜の夏の終わりを名残惜しく。撤去後は船便で2ヶ月の旅のはじまり。