Illusion 04・Y6×4

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

図6Y64

「Illusion 02・R16×4」同様にサインウェーブ状の縞パターンによる構成で、密の部分を木片で隆起させ立体的ボリューム感を演出した眼球運動に伴うゆらぎの知覚を特長とする作品である。本作品では、地板の素材にヘアライン加工を施したアルミ板を使用し、動きを表現するため、4枚のパネルそれぞれに傾斜を設けてあるため、ダイナミックで繊細な表現効果が特長の作品となっている。

第55回モダンアート展(デザイン部門)

東京都美術館/2005年4月6日〜4月20日

サイズ、素材:1820×1820mm/木材、アクリル、アルミ板、カッティングシート

Art-Works