十二単A

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
図15十二単

平安の女性美を象徴する十二単の衣の重ねの量感や色彩調和を現代感覚で表現した作品。着物の色目の組み合わせを板の両側面に配色し、45度で組み合わせた格子の内側がくりぬかれていることで上からの光に対し、やわらかい光の輪が浮かび上がってくる。視点移動に伴う色彩変化と光と影の二次的構成による表現が特長。色彩は着物の色目の合わせを参考にした4色による構成。色彩の印象は、光が当たる部分と影になるところの印象の違いで8色を感じる。

第20回日仏現代美術展

ロン・ポワンモンテーニュ(パリ)/1994年6月14日〜6月23日

サイズ、素材:1200×1200㎜/木材、アクリル絵の具、他

Art-Works