• プログレッション01B・3-1-3
    図9柱形式ベスト

    垂直板1枚の複数枚による配置を前提としたこれまでの作品に対し、本作品は2枚組の板の構成となっている。そのため蝶の羽がひらひら動いて見えるユニークな表現効果を特長とした作品となっている。また柱形式の縦長の作品の連続配置も想定したインスタレーション作品でもある。地板の縞幅は1〜3mmのプログレッシブ間隔の縞幅を採用。写真正面の作品(タイプB)は傾斜度82°の2枚組み16枚による構成で、後の動くシンボルサインに発展していくきっかけとなった作品でもある。

    【美術館企画展】「現代のイメージ・絵画の現在進行形」

    出展作家:井川惺亮、坂口登、中村一美、西松幹浩、湯浅龍平、星加民雄

    熊本県立美術館・分館/2001年3月8日〜4月8日

    サイズ:A :320×2100mm、B:380×2100mm

    /木材、アクリル、カッティングシート

  • ゆらぎ01B・XYZ
  • Motion・illusion 09・R&B・01
  • 波の隆起13×3
  • Illusion・010・R・8×4
  • Illusion 04・Y6×4
  • ふるえる25の唇
    図8唇

    スカーレット色に配色した上下の帯と中央一列に配列した25枚の垂直板による構成。視点移動に伴って25枚の板が異なるパターンで揺れ動いて見える。板の側面に貼付けられた唇のイラスト、1〜3mmまでの漸変的に異なるピッチの縞パターン。縞パターンと板との組み合わせで様々な表情をもって生まれ出る「ゆらぎ」の表現効果は、早く私に気づいて‥‥それぞれの板は、それぞれの気持ちで「I Love You」と鑑賞者に向けてメッセージを伝える。

    【美術館企画展】「現代のイメージ・絵画の現在進行形」

    出展作家:井川惺亮、坂口登、中村一美、西松幹浩、湯浅龍平、星加民雄

    熊本県立美術館・分館/2001年3月8日〜4月8日

    サイズ、素材:2300×830 mm/木材、アクリル、カッティングシート

  • Motion・illusion 07・01
    図3-0701
    鑑賞者の視点の移動にともなって揺れ動いて見える「ゆらぎ」の表現効果が特長の作品であるが触ることはできない。左右斜めに7度に傾斜した縞パターンを配置した12枚のパネルと水平板のフレームとの組み合わせ構造。全体の配色は黒を基調色とし、コントラストとして三角形の白のスペースでリズムを演出し、垂直板の左右側面には部分的なアクセントの色をポイントとして配色してあるのも特長。

    会場:第57回モダンアート展「新企画57回展の試み」

    東京都美術館/2007年4月23日〜5月7日

    サイズ、素材:2100×10000mm/木材、アクリル、カッティングシート、他
  • 波の周期-311の記憶を辿って

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

図6Y64

「Illusion 02・R16×4」同様にサインウェーブ状の縞パターンによる構成で、密の部分を木片で隆起させ立体的ボリューム感を演出した眼球運動に伴うゆらぎの知覚を特長とする作品である。本作品では、地板の素材にヘアライン加工を施したアルミ板を使用し、動きを表現するため、4枚のパネルそれぞれに傾斜を設けてあるため、ダイナミックで繊細な表現効果が特長の作品となっている。

第55回モダンアート展(デザイン部門)

東京都美術館/2005年4月6日〜4月20日

サイズ、素材:1820×1820mm/木材、アクリル、アルミ板、カッティングシート

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
図7-R164
サインウェーブ状の縞パターンを上下の位置を変えながら横配列にずらしていくと疎密ができる。パターン化された密の部分に木片を取り付け、立体的にボリューム感を演出することで波が隆起したように見える。本作品は、鑑賞者の視点の移動に伴って揺れ動いて見えるこれまでの作品とは異なり、眼球運動に伴うゆらぎの知覚を特長とする作品であり、全体の構成は4枚の同じユニットパネルによる市松模様である。

第52回モダンアート展(デザイン部門/会友佳作賞)

東京都美術館/2002年4月6日〜4月21日

サイズ、素材:1820×1820mm/木材、アクリル、カッティングシート

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
図8唇

スカーレット色に配色した上下の帯と中央一列に配列した25枚の垂直板による構成。視点移動に伴って25枚の板が異なるパターンで揺れ動いて見える。板の側面に貼付けられた唇のイラスト、1〜3mmまでの漸変的に異なるピッチの縞パターン。縞パターンと板との組み合わせで様々な表情をもって生まれ出る「ゆらぎ」の表現効果は、早く私に気づいて‥‥それぞれの板は、それぞれの気持ちで「I Love You」と鑑賞者に向けてメッセージを伝える。

【美術館企画展】「現代のイメージ・絵画の現在進行形」

出展作家:井川惺亮、坂口登、中村一美、西松幹浩、湯浅龍平、星加民雄

熊本県立美術館・分館/2001年3月8日〜4月8日

サイズ、素材:2300×830 mm/木材、アクリル、カッティングシート

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
図9柱形式ベスト

垂直板1枚の複数枚による配置を前提としたこれまでの作品に対し、本作品は2枚組の板の構成となっている。そのため蝶の羽がひらひら動いて見えるユニークな表現効果を特長とした作品となっている。また柱形式の縦長の作品の連続配置も想定したインスタレーション作品でもある。地板の縞幅は1〜3mmのプログレッシブ間隔の縞幅を採用。写真正面の作品(タイプB)は傾斜度82°の2枚組み16枚による構成で、後の動くシンボルサインに発展していくきっかけとなった作品でもある。

【美術館企画展】「現代のイメージ・絵画の現在進行形」

出展作家:井川惺亮、坂口登、中村一美、西松幹浩、湯浅龍平、星加民雄

熊本県立美術館・分館/2001年3月8日〜4月8日

サイズ:A :320×2100mm、B:380×2100mm

/木材、アクリル、カッティングシート

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
図10XYZ

等身大を超える大画面から迫る揺らぎの表現効果を特長とする作品で、企画展に合わせ制作した2点の作品の内のひとつ。地板の縞幅は1〜3mmのプログレッシブ間隔の縞幅を採用。板厚3mm、縦横100×100 mmの垂直板347枚を配列。全体構成はアルファベットのXYZの形状がダブルイメージで認識できる構図とし、中央部はアクセントとして左右側面に青と赤を配色。繊細な動きの錯視の表現効果と余白、ワンポイントのアクセントが特長。

【美術館企画展】「現代のイメージ・絵画の現在進行形」

出展作家:井川惺亮、坂口登、中村一美、西松幹浩、湯浅龍平、星加民雄

熊本県立美術館・分館/2001年3月8日〜4月8日

サイズ、素材:2500×2500mm/木材、アクリル、カッティングシート

Art-Works