Monday, 24 July 2017 11:49

最終日〜イリュージョンの科学とアート展〜

Rate this item
(0 votes)
「イリュージョンの科学とアート展」最終日、視覚と音のコラボアート第2弾として光永浩一郎さんの構成による展覧会とのクロスが見事に演じられたフィナーレに相応しい感動的な演奏で観客を沸かしました。エントランスホールは満席、2階から見学される方など約200人の方がいらしていました。演目はイリュージョンのエチュードから始まり昨年の熊本地震の思いテーマに続き、月足さおりさんの左手だけによる2次元半のデリケートで研ぎ澄まされた音色が美術館エントランスホール全体に響き渡りました。特に「しずく」の美しくはかなく心に訴えかける素敵な響きに多くの方が涙する場面もありました。

9日間の展覧会も閉幕しました。来客数は1400人を越え、おかげさまで大成功だったのではないかと思っています。この展覧会は、さらに進化し、2年後にはフィンランド、エストニア、デンマークあるいはスウェーデンへと展開を広げていきます。ご協力頂きました多くの方々に感謝を申し上げます。
Read 2415 times

Study