Thursday, 20 July 2017 11:03

イリュージョンの科学とアート展のご報告

Rate this item
(2 votes)
今日は建築学科の学生約80名が中園先生の引率で来てくれました。一斉に80名が来ると会場が活気に満ちた空気になりました。ほとんどが体験型の作品だけに作品の前で回転してみたり、作品とコミュニケーションすると言うか、それぞれに反応しておりました。彼らにとって刺激的だったのでしょう。

作品の一部詳細と学生の反応ぶりをアップします。
建築学科学生にとっては篠田先生の重力反転不可能立体や 先生の新作3D効果の作品などに関心を示していました。杉原先生の鏡の作品にも非常に興味を持って見学しておりました。

昨日同様に村松先生の作品では動く軌跡の中に5人がすわりこみ
回転しながらすり抜けるインタラクティブなパフォーマンスも楽しんでおりました。

残り3日間です。夏休みになったので小学生、中学生、高校生の生徒さんにも是非、本展の体験型作品に触れて欲しいと願っています。
Read 2439 times

Study