Thursday, 23 June 2016 10:28

再び益城町を訪れました

Rate this item
(0 votes)
再度、益城町の現状を見に行ってきました。最も被害の多かった県道28号線沿線から少し入ったところを見てみると、崩れていない建物を探すことができないくらいほとんどの家屋が崩壊し瓦礫が山積みされている状態でした。その中で、道路脇のミラーが90度に折れ曲がっているのを見ると、どれだけの衝撃的な揺れだったかがわかります。木造住宅の柱が簡単に折れ曲がり崩れるのも想像できます。あまりに悲惨な写真は今回は掲載しません。
Read 2125 times

Study