この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

錯視効果の芸術・デザインへの応用とラウンドアバウト交通システムへの活用

 

1.研究の背景および目的

 

 信号機のない円形の交差点であるラウンドアバウト図1は、日本ではなじみの薄い交通システムである。西欧諸国では日常的に活用されているが、左折優先の交通ルールが弊害となり日本では普及しにくい現状が続いていた。昨年秋の法改正に伴い、左折車両の優先権から中央部の走行車両が優先権を持つことで、急速に普及する可能性が高くなった。本研究では、今後の設置を見据えたラウンドアバウト全般の交通システムについて、1)ラウンドアバウト侵入時の錯視効果による速度抑制方法、2)ラウンドアバウト円形スペース内のシンボルサイン、3)ラウンド アバウト進入時の回転方向を示す誘導サインの3つの提案内容について図解とともに解説する。

round01

図1:ラウンドアバウト設置計画図

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

科研費(基盤研究(C)「錯視の公共空間への活用-イメージハンプの盛り上がり効果」/2011年〜2013年


【研究概要および研究成果】


 本研究の特長は、錯視効果の公共空間への活用を目的に、道路上に設けたハンプに活用しようとするものである。近年、錯視によって引き起こされる交通事故が多発しているなか、錯視効果の活用で交通事故対策に寄与できないかと考え、現在、他の研究機関の協力体制のもとで取り組んでいる研究である。

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

科研費(基盤研究(C)「動きの錯視の公共空間への活用とその表現効果の検証」/2008年〜2010年

【研究概要および研究成果】


 眼球運動に伴う二次元上での動きの錯視の研究は視覚心理学の研究分野で進められているが、三次元上での動きの錯視の錯視の研究の理論的研究は難しい。またビジュアルコミュニケーションの表現手法として動きの錯視の表現効果を遠距離サインやストリートアートなど公共空間へ活用した事例はない。

Study