2017/08/21(月) 13:23

ラウマ

このアイテムを評価
(0 件の投票)
8月21日、最終日、エミール・セーデル・クロイツ美術館での最終打ち合わせの後、TATSUOの「影」の制作現場であるラウマに行く。エーゲ海の島の街並みを思い起こす小奇麗な街の中に黄色い普通のフェンスを見つけた。木の影が映る何の変哲もないフェンスであったが、それがあの「影」の作品の原型であった。観察力のたまもの、目のつけどころ、さすがの表現力に脱帽。
読む 84 回読まれました
このカテゴリをもっと見る « キアズマ現代美術館 湖畔の別荘を訪ねる »