hoshika

TAMIO HOSHIKA

私の専門は視覚芸術、特に錯視効果を活用した芸術表現を主に発表活動をしています。最近では室内空間から屋外に飛び出し、ラウンドアバウトを含む交通システムへの活用に向け錯視効果の可能性にチャレンジしています。

Go to Profile

 

ART WORK

ART WORK

a-001
a-002
a-003
a-004
a-005
a-006
a-007
a-008

STUDY WORK

st-001
st-002
st-003
st-004
This work was supperted by JSPS KAKENHI Grant Number10331068(2011-2013), 20242003(2014-)ui.

11月開催のCAF・N展(埼玉県立近代美術館)のお知らせ

久々の投稿です。7月の「イリュージョンの科学とアート展」、その後、猛暑の熊本を離れフィンランドへ。その後、大会長として日本基礎造形学熊本大会を崇城大学で開催。いつもバタバタしている感じですが、一つ終わったら次が来る感じです。ここ1週間は科研申請に没頭する日々でしたので、すっかりFBから遠ざかっていました。今日は11月開催のCAF・N展(埼玉県立近代美術館)のお知らせです。この展覧会には、フィンランドから私の双子の弟の星加達夫が海外ゲスト作家として参加します。本人も帰国します。出身地の愛媛県西条市、私の住んでいる熊本にも来ます。人間イリュージョンを実施してみようかと思っています(笑)。出品作品は熊本での「イリュージョンの科学とアート展」に出品していた作品「ゆれ動くトランプ - ジョーカーを探せ」を予定しています。今のアメリカの情勢とかぶらせた表現です。掲載写真は作品の部分です。また弟(TATSUO)の作品はゲスト作家ですから5mの「影」の作品が展示されます。私は11月11日(土)の午後から会場におります。日曜日は昼過ぎ頃までおります。お近くにお住まいの方は是非足を運んで下さい。ポスターは高崎葉子さん(筑波大学の後輩)のデザインです。それぞれの出品作品を球体の中に反映させ、宇宙空間に存在する特徴ある星(ネビュラの語源)としての広がりを表現しています(私なりの解釈)。私の作品も中央に入っています。嬉しい限りです。

第28回日本基礎造形学会作品展

第28回日本基礎造形学会作品展会期:9月5日(水)~9日(土) 10:30~19:00 最終日は17:30 ギャラリートーク(16:00~17:30)終了まで開催 場所:崇城大学ギャラリー(熊本市花畑町市電交差点前) ※ 短期間の開催ですが、お近くにいらっしゃる方は、是非、お立ち寄りいただければ幸いです。 展示作品の詳細です。 また路上から見えるウィンドディスプレーにも展示しております。夕方、暗くなるときれいに見えます。

フィンランドの雲

フィンランドの雲の表情が面白い。緑が多い大地ゆえに朝つゆが蒸気となり地表に靄がかかる。それが雲となり時々刻々と雲の表情が変わる。その移り変わる雲の表情は実に美しい。車の中から雲を眺めていると虹が出た。虹が赤い家の屋根に落ちる。豊かな自然のダイナミックな景色に見とれてしまう。

フィンランドは松茸三昧

今年のフィンランドは松茸三昧。初日に1本、1週間後、同じ場所に足早に行ってみると何と8本ゲット。普通の湖畔の辺りに生えていることに驚きと感動。人に言わないほうが良いかと思いつつ、ついつい感動を伝えてしまう。その後は、松茸のお吸い物と釜飯、茶碗蒸しなど、日本では高級料亭での接待くらいしか食べることができない松茸料理を楽しんだ。

湖畔の別荘を訪ねる

ラウマを後に湖畔の別荘を訪ねることにした。昨年の夏の合宿でオークションをしてくれたマリオさんのコテージである。到着する前は大雨が降ったそうであるが、私達を迎えてくれた景色は絶景。最後の夜にふさわしいプレゼントだった。おまけに湖畔の辺りで釣りをしてみると何と8匹をゲット。翌日スモークして食べた。