hoshika

TAMIO HOSHIKA

私の専門は視覚芸術、特に錯視効果を活用した芸術表現を主に発表活動をしています。最近では室内空間から屋外に飛び出し、ラウンドアバウトを含む交通システムへの活用に向け錯視効果の可能性にチャレンジしています。

Go to Profile

 

ART WORK

ART WORK

a-001
a-002
a-003
a-004
a-005
a-006
a-007
a-008

STUDY WORK

st-001
st-002
st-003
st-004
This work was supperted by JSPS KAKENHI Grant Number10331068(2011-2013), 20242003(2014-)ui.

熊本地震から1年

熊本地震から1年が経ちました。復興作業が進む中、新学期が始まりました。そんな中、熊本のライブハウス「おくら」で佐藤允彦のコンサートがありました。ボーカルの上杉亜希子さんのユーモアたっぷりなトークにも盛り上がり楽しいひと時でした。ライブって本当にいいですね。今年の7月に熊本県立美術館で「イリュージョンの科学とアート」展を開催しますが、オープニングコラボコンサートを計画しており、佐藤允彦さんには美術館入口のエントランスホールを使って演奏していただく予定です(現在、美術館と交渉中)。軽やかで素敵な佐藤允彦さんの音の世界と私のあーとの表現世界がコラボし、エントランス空間に広がることを思うとワクワクしてきます。写真は昨日のライブコンサートの模様と休憩時間に撮った写真です。

桜の季節

9日の夜、9時30分頃、熊本に少し大きめの地震があった。昨年のことが蘇える。翌日は雨、同じシチュエーションだ。夜中にくるのではないかと不安がよぎったが特に大きな地震は来なかった。今年は桜の季節も雨ばかり。花見見学縦断の最初は、4月2日の上野の桜。外国人観光客の山だった。翌日、目黒川の桜を見学した。のんびりとした花見だった。熊本に戻り熊本城の桜を見た。石垣が崩れてきてもたくましく咲いていたのが印象的だった。菊池公園の桜もとてもきれいだったが、灯台もと暗しというか、最も感動したのが崇城大学内の発電所脇に咲いていた桜だ。写真は、目黒川沿いのしだれ桜、がれきにも負けず咲く熊本城の桜、そして菊池公園の桜、最後の3枚が崇城大学発電所横に咲く桜。やはり、桜の季節は実にいい。

展覧会のお知らせ

2017.03.30 4月2日より16日までモダンアート展が上野の東京都美術館で開催されます。1日は展示、3日が休館日となっています。私は4月1日から3日まで東京に行っており、オープニングの2日は終日会場におります。出品作品は「SHADOW」という作品です。お近くにお住まいの方はぜひ見に来て下さい。

お祝いメッセージありがとうございます。

2017.03.27 皆様、たくさんの誕生日のお祝いメッセージありがとうございます。感謝、感謝です。どんどん年を食っていきますが 、気持は若くパワフルに活動しています。今年の活動予定ですが、4月/モダンアート展とNHKハート美術展(渋谷東急)、5月/CAF琵琶湖展、6月/CAF金沢展に出品予定です。今年は熊本で大きなイベントを企画しています。7月15日から23日まで熊本県立美術館本館/全館を使った展覧会「イリュージョンの科学とアート」展を企画しています。私の作品だけでなく著名な錯視芸術家の作品とシンポジウム、ワークショップ、音楽とのコラボレーション等を計画しています。一方、9月には崇城大学(熊本)で日本基礎造形学会を企画開催します。また11月/CAF本展が浦和であり、フィンランドから双子の弟(TATSUO)をゲスト作家として招待しています。国際展の関係で4回フィンランドへ行った昨年でしたが、今年は国内を中心に突っ走る年になりそうです。いろいろな人との出会いを楽しみにしています。

FINLAND 作品集

Finland作品集.pdf   ▲PDFが開きます。