hoshika

TAMIO HOSHIKA

私の専門は視覚芸術、特に錯視効果を活用した芸術表現を主に発表活動をしています。最近では室内空間から屋外に飛び出し、ラウンドアバウトを含む交通システムへの活用に向け錯視効果の可能性にチャレンジしています。

Go to Profile

 

ART WORK

ART WORK

a-001
a-002
a-003
a-004
a-005
a-006
a-007
a-008

STUDY WORK

st-001
st-002
st-003
st-004
This work was supperted by JSPS KAKENHI Grant Number10331068(2011-2013), 20242003(2014-)ui.

第28回日本基礎造形学会作品展

第28回日本基礎造形学会作品展会期:9月5日(水)~9日(土) 10:30~19:00 最終日は17:30 ギャラリートーク(16:00~17:30)終了まで開催 場所:崇城大学ギャラリー(熊本市花畑町市電交差点前) ※ 短期間の開催ですが、お近くにいらっしゃる方は、是非、お立ち寄りいただければ幸いです。 展示作品の詳細です。 また路上から見えるウィンドディスプレーにも展示しております。夕方、暗くなるときれいに見えます。

フィンランドの雲

フィンランドの雲の表情が面白い。緑が多い大地ゆえに朝つゆが蒸気となり地表に靄がかかる。それが雲となり時々刻々と雲の表情が変わる。その移り変わる雲の表情は実に美しい。車の中から雲を眺めていると虹が出た。虹が赤い家の屋根に落ちる。豊かな自然のダイナミックな景色に見とれてしまう。

フィンランドは松茸三昧

今年のフィンランドは松茸三昧。初日に1本、1週間後、同じ場所に足早に行ってみると何と8本ゲット。普通の湖畔の辺りに生えていることに驚きと感動。人に言わないほうが良いかと思いつつ、ついつい感動を伝えてしまう。その後は、松茸のお吸い物と釜飯、茶碗蒸しなど、日本では高級料亭での接待くらいしか食べることができない松茸料理を楽しんだ。

湖畔の別荘を訪ねる

ラウマを後に湖畔の別荘を訪ねることにした。昨年の夏の合宿でオークションをしてくれたマリオさんのコテージである。到着する前は大雨が降ったそうであるが、私達を迎えてくれた景色は絶景。最後の夜にふさわしいプレゼントだった。おまけに湖畔の辺りで釣りをしてみると何と8匹をゲット。翌日スモークして食べた。

ラウマ

8月21日、最終日、エミール・セーデル・クロイツ美術館での最終打ち合わせの後、TATSUOの「影」の制作現場であるラウマに行く。エーゲ海の島の街並みを思い起こす小奇麗な街の中に黄色い普通のフェンスを見つけた。木の影が映る何の変哲もないフェンスであったが、それがあの「影」の作品の原型であった。観察力のたまもの、目のつけどころ、さすがの表現力に脱帽。